JNの全力日記

塾講師と野球を頑張る大学生の日記

【野球】敬遠が申告制に。そもそも敬遠とは何か。

 

今回は野球の『敬遠』について書きたいと思います。

 

 

本日ネットニュースを見て驚きました。

 

 

「申告制敬遠、来季から日本でも導入へ」

 

この文字を見て、驚いた人、やっぱりかと思った人、敬遠ってなんだ?って思った人、などなど色んな人がいると思いますが、まずは敬遠というものについて簡単に説明しましょう。

 

 

 

 

そもそも敬遠とは?

 

そもそも敬遠とは何なのかという話ですが、

 

野球⚾️の用語の一つです。

 

 

野球にはピッチャーが投げた球はストライクとボールに分けられます。

 

 

簡単にいうとバッターがまぁ打てるでしょうっていう範囲に来た球は『ストライク』、それ以外の球は『ボール』となります。

 

 

この『ボール』が1人のバッターに4球投げられた場合『フォアボール(四球)』となり、バッターはヒットを打ってなくても1塁に進塁することができます。

 

 

つまりピッチャーはストライクゾーンにちゃんと投げないとどんどんランナーが増えてしまうということになります。

 

ピンチになるということですね。

 

 

ただ、敢えてこのフォアボールにする為に、ピッチャーがゆっくり『ボール』を4球わざと投げることがあります。

 

 

これを『敬遠』というのです。

 

 

なんでピッチャーはそんなことをするのかというと、

 

 

今のバッターがとても上手なバッターで

ヒットを打たれてしまう確率が高い!

 

 

だけど次のバッターは打つのが上手くないから

次のバッターと勝負してアウトが欲しい!

 

 

ランナーは出してしまうけど打つのが下手な次のバッターに打たれなければ点数を取られることはない!!

 

 

なんて時に、

今の上手いバッターをフォアボールにすれば自動的にランナーは増えてしまいますが、そのバッターにホームランとかを打たれることはないですよね?

 

 

こんな時にピッチャーや守備側のチームは『敬遠』を選択し、4球わざと『ボール』を投げるのです。

 

f:id:bio19base:20171219232457j:image

↗︎敬遠される高校時代の松井秀喜さん 

 

 

なんとなく分かっていただけましたか?

 

 

 

そして今回取り上げた敬遠の申告制は

4球わざわざ『ボール』の球を投げるくらいなら

「敬遠します!」

って監督が言ったらもうその時点で4球投げたことにしちゃおうよ!

 

っていう話なんです。

 

 

 

なんだ便利なルールじゃん!

 

 

と思ったそこのあなた😏

 

 

 

そんな単純な話ではないのですよ…

 

僕は申告制になんてなってほしくないんです!!

 

 

 

 

 

敬遠申告制に反対する理由は?

 

さて、なぜ僕が敬遠申告制に反対するのかというと『敬遠』の4球の間に色々なことが起こる可能性があり、その4球の間に色々な選手たちの気持ちに変動があるからです。

 

 

例えば、先程の例で登場した打つのが上手くないバッター。

 

 

前のバッターが敬遠されている4球の間にどんなことを考えるでしょうか。

 

 

「俺になら打たれないと思ってやがる…」

「俺のことなめやがって」 

「ここで打ったら逆にヒーローだ」

「これで打たなかったら全て俺の責任だ」

 

などなど、、、

 

心情に変化があるのは確かではないでしょうか。

 

 

実はメジャーリーグでは昨シーズンから敬遠申告制が採用されています。

 

 

皆さんご存知のイチロー選手もメジャーの試合でこの申告制になった敬遠を経験しています。

 

 

 

試合後にはこんな言葉を残しています。

 

「敬遠球を打つとか、暴投が?

 それだけじゃない。

 空気感があるでしょ、その4球の間の。

 面白くないですよね」

 

 

新庄選手が敬遠球を打ってヒットにしたことや、ヤクルトのルーキ投手が敬遠球を暴投して得点になってしまったことはご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

f:id:bio19base:20171219232549j:image

↗︎敬遠球を打つ新庄剛志さん

 

 

そういったドラマはもちろんですが、イチロー選手が言いたいのはそれだけではないと思います。

 

 

空気感。

 

 

まさに敬遠の最中にガラッと球場の空気が変わったり、なんともない静けさになるということは多々あります。

 

 

この4球のわずか1,2分の時間に心情の変化があり、この変化によって次の打席での結果が変わるかもしれません。

 

 

この4球の時間で球場はブーイングに包まれ、一気に雰囲気が変わるかもしれません。

 

 

こんな空気感の変化を味わい、4球の間の時間で次のバッターへの期待感、不安、祈りなどの気持ちを高めるのも野球観戦の醍醐味なのではないでしょうか。

 

 

 

時間短縮も大切かもしれませんが、敬遠の独特の間を短縮してしまうというのはいかがなものかと思ってしまう今日一日でした。